.

炙って食べるおつまみ 剣先するめ
ちぎってそのままでもOKだけれど、炙ると美味しさも香りも倍増!
今も昔も、酒の肴の代表格!
お供えや結納など、古典的な儀礼の場では縁起物として扱われたりもします。
時価

このページのトップへ

北海するめ
少し炙るだけで柔らかくなります。
マヨネーズやお醤油で食べても美味しい!
北海道の郷土料理「松前漬け」にもどうぞ!
足はラーメンの"だし"にもなり、足だけ購入される方もいらっしゃいます。
250円〜(1枚あたり)

このページのトップへ

長崎産エイひれ
新鮮なまま産地で天日干ししたエイひれは 海の風味と歯ごたえが格別!
パリパリそのままでもOKですが、軽く炙って手で裂けば、噛む程おいしい酒の肴に。
時価

このページのトップへ

鮭とば
「鮭とば」は鮭の細切りに塩をして寒風に干す日本古来の鮭の保存方法で
元々は、アイヌの人々の保存食だったといいます。
冬の風に揺れている鮭の身が木の葉みたいに見えることから
冬葉(とば)と名付けられたといいます。
鮭本来の旨味を、味わってください!
580円〜(100g)

このページのトップへ

マダラ
軽く炙って食べると絶品!
絶妙な甘さと塩加減の干物は、鱈本来の風味が活きてます!
雑炊やお茶漬けなどにしても、優しいお味をお楽しみいただけます。
450円〜(100g)

このページのトップへ

身欠きニシン
戻した干物が、筋ごとに取れやすくなることから「身欠き」と呼ばれます。
「ニシンそば」用に購入される方が多いですが、
大根と一緒に漬け込む「ニシン漬け」もとっても美味しいです。
500円〜

このページのトップへ

うるめ丸干し
古来から多くの人に親しまれてきた「ウルメの丸干し」。
カルシウムや鉄分等、多くの栄養素が含まれている上に、
頭から尻尾まで食べれるから、子供のおやつに人気です。
150円〜(30g)

このページのトップへ

干しだこ
天日干しの天然の真たこです。
タコの旨味が凝縮されており、炙って旨い!
ご飯を炊く際に入れれば美味しい「たこめし」に仕上がります。
(レシピはこちら
タコの形、そのままの「姿干し」は愛嬌たっぷりです。
400円〜(1枚あたり)

このページのトップへ

出平カレイ
トンカチや包丁の背でコツコツ叩き、
骨を砕いて柔らかくしてから、サッと焙って食べます。
「子供の頃、砂糖醤油をぬって焼いてもらっておやつに食べた」
と懐かしがられる方がたくさん!
頭から尻尾までキレイに食べられます。
唐揚げもよし!
300円〜

このページのトップへ

さんまのみりん干し
みりんダレが焦げやすいので、
少し注意しながら、軽く炙ってくださいね。
天ぷらや揚げ物などにしても美味しく
魚が苦手な方にも喜んでいただいております。
カリッと焼くと、骨までお召し上がりいただけます。
350円〜

このページのトップへ

かわはぎのみりん干し
昔から愛されている「かわはぎのみりん干し」。
酒の肴としてはもちろん、子供さんにも甘みのある味付けで人気です。
焦げやすいので、ササッと炙って!美味しい!
300円〜

このページのトップへ

.